このページは移転しました。

移転先はこちら→「『ウェブログ超入門』はじめに――ウェブログという仕組みをどう活かすか

『ウェブログ超入門』はじめに――ウェブログという仕組みをどう活かすか

ウェブログ超入門!ウェブログ超入門!
松永英明 著
A5判並製本 192ページ
定価 1470円(税込)
ISBN4-534-03763-5 C0004


 インターネットにホームページを作っている。
 でも、なかなかアクセスも伸びないし、かといって大がかりな更新も面倒だ。
 もっと簡単に、効果的な方法はないだろうか?

 そう考えているあなたには、ぜひウェブログを導入することをおすすめします。

 ウェブログ、ブログという言葉が、インターネットでは広く知られるようになってきました。ただ、それはわかりづらい言葉でもあります。
 乱暴にいえば、
「ウェブ日記や個人ニュースサイトやテキストサイトや掲示板をすべて一つにまとめて、コミュニケーション機能を強化したもの」
 とでも言うしかないでしょう。ウェブログは日記や掲示板などのすべての要素を含んでいますし、またその中のどの機能を抽出して使うかも自由です。非常に曖昧ですが、それだけに包容力のある仕組みだともいえます。
 そして現在、ウェブログは日々着実に増えつつあります。
 ウェブログサービスはごく当たり前のものとして定着しつつあります。また、これまで存在していた掲示板やウェブ日記サービスでもウェブログ的機能を盛り込んだり、ウェブログになってしまったりする傾向が見られます。あるいは、今までウェブ日記や個人ニュースサイトをやってきた人がウェブログに乗り換える例も増えてきました。
 今、「ホームページ」や「インターネットの掲示板」や「電子メール」といった言葉は、新聞などでもほとんど説明なしに使われるようになりつつあります。やがて、「ウェブログ」「ブログ」という言葉は、これらと同じように、ごく普通の基礎的な言葉として認識されるようになっていくでしょう。

 本書は、筆者自身がウェブログサイトを運営してきた経験を踏まえて、ウェブログを使って効果的に情報発信する方法についてまとめたものです。まったくの初心者にも、あるいはウェブログをすでに運営している人にも参考になる内容を盛り込みました。
 ただし、本書では技術的なことはほとんど扱いません。自分でウェブログツールを設置したり、改造したりする方法については、すでに優れた本が何冊も出版されていますし、あるいはネット上で検索すれば多くの情報が手に入るはずです。
 本書で扱っているのは、
「ウェブログでは具体的に、何をどのように発表すればいいのか」
 ということです。ウェブログの中身をいかに充実させ、どのように興味深いウェブログを作っていくか、あるいはどのように運営すればいいのか、トラブルを避けるにはどうしたらいいのか、ということです。
 つまり、ウェブログという「車」に乗ってどこへドライブしに行くか、あるいは必要なドライビング・テクニックとは何か、守った方がいいルールとは何か、という部分に焦点を当てました。

 この本を読めば「ウェブログを設置できた。でも、何を書けばいいのだろう。何をどうすればいいのだろう」と悩むことはなくなるはずです。みなさんの自由な発想の中から、興味深いウェブログ、あるいはウェブログの枠を超えた素晴らしいサイトが生まれるならば、それは筆者にとっても一番嬉しいことです。
 そのために必要なノウハウは惜しみなく公開しました。ぜひじっくりと読み取ってみてください。

2004年5月                   松永英明