このページは移転しました。

移転先はこちら→「ブログすることに関する調査結果

ブログすることに関する調査結果

※これは、ブログ・サーチエンジンによる調査結果を日本語訳したものです。



2003年12月03日
ブログすることに関する調査結果

ブログサーチエンジンはブログすることについての調査を行い、2003年12月1日に締め切った。 610人の調査回答者は、主にブログサーチ・エンジン(登録ブログ数2800以上)に登録しているブログオーナーだが、他の経路から連絡のとれたブログオーナーたちもいる。 以下、調査結果である。

ブログすることに関する調査結果:

1.あなたはどれくらい頻繁にブログしたり、ブログを更新したりしますか?

1日1回――28.9% 1日1回以上――23.9% 週に2~4回――33.6% 週1回――8% 週1回以下――5.6%以下

要約:ブロガーは非常に活発にオンライン活動をしている。全ブロガーの52.8%が少なくとも一日1回はブログを更新しているという調査結果になった。調査されたブロガーの86.4%が週1回以上、ブログしたりブログを更新したりしている。

2.あなたはどこでブログしますか?

職場――4.8%
家または無職――47%
家と職場両方――48.2%

要約:職場でのみブログするというブロガーはほとんどいない(わずか4.8%だけである)が、ブロガーの53%は職場でブログしているという調査結果だった(「職場だけ」+「家と職場両方」)。

3.あなたはいくつのブログを所有しているか?

1つのブログ――56.2%
2つのブログ――22.8%
3つのブログ――11.3%
4つのブログ――5.1%
5以上――4.6%

要約:たいていのブロガーがただ1つのブログだけを所有しているが、43.8%もの人が複数のブログを所有している。全ブロガーのうち21%は3つ以上のブログを有しているという調査結果だった。

4.あなたは自分のブログで有料広告を出しているか?

はい――13.4% いいえ――86.6%

要約:ブロガーのうちわずか13.4%のみが広告を出しているという結果だった。 最近、BlogAds、GoogleのAdSense(個人ブログは不可)、Skoobieといった大規模な広告ネットワークが、小さなウェブサイトやブログに載せられるようになっている。

5.あなたのブログに広告を載せないのはなぜ?

そうしたいが、どうすればいいかわからない――15.7%
使っている無料ブログホストで許可されていない――10.1%
そうしたくないから――43.5%
ブログと広告は共存しない――15%
その他――15.7%

要約:広告をブログに載せていないブロガーの58.5%は、広告を載せたくないからとか、広告はブログに馴染まないから、と答えている。調査された全ブロガーの50.6%はブログに広告を載せる可能性がない。10.1%はブログホストの障壁に阻まれているが、それでもブログ記事内にアフィリエイトリンクを張ることは可能なのである。
 広告を載せないその他の理由には以下のようなものがあった。
「私のブログの質を高めるかどうかわからない」
「それで利益をもたらしてくれるほど読者は多くないし、読者をいらだたせるだけだろう」
「考えたこともない」

6.自分たちの会社や製品についてブログするように、会社や組織から依頼を受けたことがありますか?

はい――9.3%
いいえ――90.7%

要約:90.7%という圧倒的多数のブロガーは、企業や組織から製品やサービスの情報をブログに載せるよう依頼されたことがない。 これは、広告業界がブロガーたちに照準を合わせていないからかもしれない。

7.もしメールや依頼を受けたら、その企業の製品や組織についてブログしますか?

はい――5.2%
はい、ただし、その製品や組織が私のブログ内容にふさわしければ――26.9%
その組織や製品について検討し、自分の考えをブログするが、よく書くか悪く書くかはわからない――41.8%
いいえ、メールなどで接触してきた企業についてはブログしない――26.1%

要約:大多数のブロガーはまだ、製品やサービスと関係のある情報をブログするように企業や組織から接触を受けていないのだが、全ブロガーの73.9%はそのような情報を受け入れ、ブログする可能性がある。これは、調査された全ブロガーの29.4%だけしか広告を載せない(広告を載せている、または載せたい)というのとは非常に対照的だ。しかし、ブロガーの41.8%はPRとの接触を受け入れるかもしれないが、その製品を気に入らなければブログに否定的な批評を公表しようと考えている。広告業界はブロガーを非常に注意深く扱わなければならない。最初にその記事を読み、好き嫌いを調べて、それから、製品やサービスの情報をそのブロガーに合わせた形で売り込まなければならない。ブロガーたちは、広告を載せるよりも広報努力の対象として向いている。

8.あなたはどんな種類のブログを所有(または管理)していますか?

独自ドメイン上のMovableType――15.4%
独自ドメイン上のWordPress――4.1%
独自ドメイン上のPMachine――2.5%
独自ドメイン上のBlogger――12.8%
Blogger Blogspotレンタルブログ――39.5%
Blog-Cityレンタルブログ――4.4%
TBlogレンタルブログ――3.9%
Typepad/Blogs.com――4.9%
その他――29.3%

要約:調査されたブロガーの多数にあたる52.3%は、グーグルのBloggerをブログするプラットフォームとして選んでいる。 加えて、調査された全ブロガーの52.7%以上が blogspot、blog-city、tblog、TypePadというブログレンタルサービスを使っている。
 その他のブログプラットフォームとして挙げられたのは、RadioLand、Salon、MoBlog、Xanga、LiveJournalである。

9.あなたはブログする内容をどこで見つけますか?(複数回答)

定期巡回しているサイト――68.5%
他のブログ――58.9%
友人――54.3%
報道サイトとオンライン新聞――47.7%
Google News――33.8%
オンライン会議室――25.6%
電子メールニュース速報――22.8%
Weird Newsサイト――20.8%
Yahoo News――19%
RSSニュース収集――17.5%
Moreover News――5.1%
MSN Newsbot――0.7%
その他――20.8%

その他は、新聞、テレビ、雑誌、生活上の経験、宇宙からの電波。

10.あなたはなぜブログするのですか?

楽しむために――73.6%
書くために――66.6%
世界とつながるために――55.9%
対処する(cope)ために――23.4%
仕事のために――12.6%
お金のために――7%
その他――20.8%