※一番古い記事は「はじめまして。義朝パパ都落ち。
記事の古い順に並べた総目次

平成十七年一月五日 - 2005年01月05日

義経日記(Yoshitsune Blog)はじめました

 このサイトは、源義経が一人称で語るというスタイルで、義経の生涯をウェブログ化しようというものです。口調はくだけまくってますが、義経記、平家物語、吾妻鏡、謡曲、歌舞伎などの古典文学を土台に現代語訳していきます。史実ではなく、日本文化の中に根づいた「義経伝説」をブログ化したいと思います。タイトルは『義経記』をもじりました。

続きを読む "義経日記(Yoshitsune Blog)はじめました"

投稿者 松永英明 : この記事のURL [このブログについて] 反響17件

永暦元年 - 1160年03月06日

命拾いした三兄弟

 清盛が常盤ママと俺たちを助けたのは、別の説もある。清盛のスケベな下心説だ。

続きを読む "命拾いした三兄弟"

投稿者 : この記事のURL [出典:義経記, 出典:平治物語] 反響0件

永暦元年 - 1160年03月05日

常盤ママに清盛の裁定くだる

 常盤ママは清盛の御前から下がって、伊勢守景綱の屋敷に戻った。それから、荒々しい足音が聞こえると

「ああ、わが子たちを殺しに来たのね」

と魂も失われるような気持ちだったらしい。ママは俺たち子供の顔を「いつまで見られるかしら」と見守って泣いてた。俺たち子供三人は、頼りにはならないけどママに頼って、手にとりついて見上げて泣いていたって。親子とも涙が尽きず、袖は濡れそぼってとまらない。

続きを読む "常盤ママに清盛の裁定くだる"

投稿者 : この記事のURL [出典:平治物語] 反響0件

永暦元年 - 1160年03月04日

常磐ママ、清盛の御前へ出頭

 さて、いよいよ大弐清盛が常盤ママを召し出した。そこで、俺たち子供3人を引き連れて、清盛の屋敷へ出頭することになった。八つの上の兄ちゃんと、六つの下の兄ちゃんは常盤ママの左右に、二つだった俺はママのふところに抱かれてた。自分では覚えてないけどね。

続きを読む "常磐ママ、清盛の御前へ出頭"

投稿者 : この記事のURL [出典:平治物語] 反響0件

永暦元年 - 1160年03月03日

六波羅で常盤ママと関屋おばあちゃん再会

 常盤ママは六波羅に出頭した。そこで出てきたのは伊藤伊勢守景綱(かげつな)だった。ママは泣きながらこう景綱に言ったんだって。

続きを読む "六波羅で常盤ママと関屋おばあちゃん再会"

投稿者 : この記事のURL [出典:平治物語] 反響0件

永暦元年 - 1160年03月02日

常盤ママ、京都へ戻る

 関屋おばあちゃんが拷問を受けて、それでもママと俺たち3人の子供たちの行方をしゃべらない、ということは、大和にいるママのもとにも伝わってきた。

 そこで、ママは文字どおり決死の決断をしたんだよ。

続きを読む "常盤ママ、京都へ戻る"

投稿者 : この記事のURL [出典:平治物語] 反響1件

総目次(古い順に並んでいます)